英語、中国語のSkype(スカイプ)オンライン教室ピープル

Skypeを使ったオンライン英会話×中国語会話レッスン

日本語と英語の基本的な違い

日本人にとって、身近な外国語といえば英語ではないでしょうか。街では英語表記の看板を多く見かけますし、ビジネスシーンにおいても、今や英語は必須スキルと言われています。しかし、英語に対して苦手意識を持つ方も少なくありません。その理由には、日本語と英語の様々な違いが挙げられます。

表意文字と表音文字の違い

表意文字とは一文字ずつ意味を持つ漢字の事で、例え読み方が変わったとしても、その形を見れば文字の意味をある程度予想できるのが特徴です。一方、ひらがなやアルファベットは音しか持たない表音文字になり、複数の文字を組み合わせなければ意味が成り立ちません。

日本語は、この表意文字と表音文字を併用する言語ですが、英語は表音文字のみで表現されるため、ローマ字読みやカタカナ文字で覚えた発音ではなく、文字を表す音を正確に発声する事が重要となってくるのです。

母音の数・音の違い

日本語の母音は「あ」「い」「う」「え」「お」の5つだけですが、英語には30近い母音が存在し、音のバリエーションが日本語と比べ物にならないほど多いのが特徴的です。また、日本語の構成のほとんどが「子音+母音」の母音で終わるのに対し、英語は「子音+母音+子音」の子音で終わる構成が基本です。

一文字一文字の音をはっきり発音する日本語と比べても、英語は音節の構造が異なるために、はっきりしない息の音となります。日本人が早い英語の聞き取りが苦手なのは、この聞きなれない息の音が多いからです。聞きなれない音は発声も難しいため、カタカナ読みではなく正しい音を発声するための口の形や舌の位置などを学ぶ事も重要となります。

語順の違い

日本語は「主語・目的語・動詞」の順で表現する言語です。単語の意味を重視して言葉の意味を捉える事から、語順を変えたとしても意味が通じます。

英語は「主語・動詞・目的語」の順で表現する言語であり、日本語とは文法のルールが違います。ですが、この違いになれて、スムーズに会話していくためには、文章単位の実践練習が必要です。「習うより慣れよ」、これが不可欠です。とにかく英会話の回数を増やす、言葉が煮詰まった時には講師がすかさず手助けする、これが大切なことだと考えております。車の運転でも、路上に出て初めて、そのスキルが身に付きますよね。

英語と日本語には様々な違いがありますが、その違いを知っておくだけでも、英語に対する苦手意識は薄くなっていくはずです。

生きた英語を楽しく学びたいとお考えでしたら、当スクールのレッスンを受けてみませんか?
当スクールは、月額定額制サービスのスカイプ英会話教室です。日本人講師や日本語を話せる講師とマンツーマンで学習するシステムとなっており、リラックスして受講できるのが特徴です。初心者向けのコースやビジネス英語コースなど様々なコースをご用意していますので、目的に応じてご利用下さい。スカイプ英会話教室の無料体験もございます。